2017年5月15日

紋章への期待


ヒトは誇る

力を誇る



********



冒険者を始めてあちこちの頼まれごとに日々忙しくしているうちに、あれよあれよと祭り上げられてしまった結果、
「エオルゼアにこの人在り」という、『武力』として見なされるようになってきました。

暁の血盟も、各国政府も、よくもまあ一介のおさんぽ士にホイホイ頼れるものです。

第七霊災の後遺症で、どこも人材不足なのでしょうか。



私はこういうマーク(紋章)を眺めたり風向きを読んだりしているだけなのに。






イシュガルドの街に入ったのはいつの頃だったでしょうか。

あの頃の私は、イシュガルドにとって「招かれざる客」でしたね。


イシュガルドとドラゴン族との戦い、いわゆる「竜詩戦争」のことも、「長年続いてきた」という程度の知識しかありませんでした。



四大貴族の紋章を組み合わせた国旗から、貴族社会・武家社会を感じ、虐げられる庶民との軋轢を感じました。

貴族や騎士、教皇庁といった勢力の渦巻くイシュガルドでは、誰かと会うたびにその身体を飾る紋章を確認して
(うむうむ、この人はこの家の立場で話しているんだな)などと考えさせられたものです。



庶民や、暗黒騎士となった騎士のように、紋章を持たない人々にも会いました。

そういう人々は、この国旗をどんな気持ちで見ているのでしょう。






最近顔見知りになったばかりの、・・・ええと、何さんだっけ?

豪快な話し方のおじさんと知り合いました。












このおじさんの帽子や服には、見慣れないマークが描かれていました。

先日発表された三大陸図で、ドマの側に描かれていたマークです。

ドマで権力を象徴する紋章のようです。



あっ、ゴウセツさんだった。







********






ゴウセツさんと顔馴染みらしい、ユウギリさん。

ユウギリさんの服にも同じマークが見られました。


同じ勢力に所属しているのかな。






ゴウセツさんの武器にはまた別のマークを見つけました。






四角い枠の中に、細い線でしゃきしゃきと・・・

文字を思わせるマークです。


これもまた勢力のマークか、それとも武器職人のマークかも?



ふうむ。

この先、いろんな出会いがありそうです。



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね

0 件のコメント:

コメントを投稿