2017年3月20日

SS加工のおしゃべり会「CCB」レポート


おおぜいさまにまぎれていましたが、魅惑の水着姿でした。



********






先日お知らせしたイベント、「クリエイターズコミュニティ・ビアバッシュ (CCB)」 

特定の趣味の人たちで集まって、おしゃべりしましょうの会です。


あやしげな写真いじりをする者として、私も参加してきたのでその様子をご紹介しましょう!









まずはヤ・シュトラさんやバデロンさんからお小遣いをもらわねば。

オシャレは一日にして成らず。

私、そんなもっさりタバードを着なくて済むようがんばるよ。





さてさて、ミスト・ヴィレッジのイベント会場にやってきました。

リテイナーが春まっさかりの庭を守っています。


・・・だいぶ早かったかな。

またあとで来よう。






あらためて、開会直前の会場に戻ってくると、すでに人だかりができていました。

最初に、チケットとなるリンクシェルを受け取りましょう。

みんなきれいに列に並んで、えらいえらい。

ハイ、次の方~!






列は庭をぐるっと回って、家の裏手にまで続いていました。


前評判が功を奏して、たいへんな人数が来たようです。

すごいな・・・



あ!あそこに並んでいるのはあの有名なイラストを描いた人!

まー!あそこにはあのど迫力SSを制作した人!

お名前を見聞きした方たちが、チラホラどころがごろごろ参加しています。






お家の中は素敵なバーになっていましたが、中に入りきれないほど人数が集まってしまったので、やむなく庭で開催となりました。


最初のテーマは、「人物モデルに陰影をつけるのに、どんな手法をしてるの?」


「乗算レイヤーに色を置いてるよ」とか「モデルに直接書き込みだ!」とか、
めいめいが使っている方法を紹介し合って、(フムフム、そんな方法があるのか)とメモを取ったりしました。


勉強になる飲み会だなあ。






時間はどんどん過ぎて行きます。

人混みがすごいから、ちょっと風に当たりに出たり。






暗くなってきましたが、場はますます暖まってきました。


こんどは、「切り抜き(写真で部分を切り取る方法)はどうやっているの?」がテーマ。

パス抜き? フィルター? マスク?

耳慣れない用語がささやかれ始めたぞ!



うーん、わからなくなったら・・・そうだ、お酒を取りに行こう。







専門的な意見がたくさん話題に出て、(ついて行けなかった…)とお嘆きのみなさま!!

主催のうさぎさんがまとめてくださった記事が要チェックです!

気になる用語をメモして、ネットで検索しましょう!


そして尻込みせず、またいっしょに参加しましょう!




参加した方たちのツイートは、ハッシュタグ「#CCBFF14」で見ることができます。

今回はあいにく参加できなかったという方もぜひ覗いてみてください。



********



主催のうさぎさん、ちょこらてさん、リンクシェル配布などでサポートに入った皆さま、遅くまで大変お疲れさまでした。

とても楽しく、実りのあるイベントのスタートに立ち会えて感激しました。

これからますます濃くなっていくとともに、門戸の広い定例イベントとなっていくことを祈っております。



********



じつはこのおしゃべり会のさなかに、ツイッター上の知り合い同士で内輪話をするリンクシェルにお誘いいただきまして。

最初はごあいさつやおふざけ話に興じていたのが、酔っぱらった勢いもあって、「このメンバーで連携して、SS加工の何かをしよう!」みたいな流れになりました。

どんな遊びに発展するやら。


いつか皆さまにご紹介する機会が来るのではないかと楽しみにしています。



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年3月17日

アナーキー・イン・ザ・ボックス

開いている方。

どうやってふたが浮いているのか。


開いていない方。

中身はまだ入っているのか。



********



アジス・ラーにやってきました。

古代アラグ帝国時代の遺物が、少しずつ壊れながらも機能を保っていていつも感心します。

港湾施設だったとおぼしき、ポート・ヘリックスで見かけた、この筒もその一つ。



うむ、見覚えある。


宝箱でしょう? これ。







こちらには空き箱がたくさん。

赤、青、金色の金属製。

とげとげした八角形の箱は、なかなか迫力ある外観です。



おや、ふたの方が底より少ない・・・?


これから入れるところだったのかな。

それとも箱を作っているところだったかな。



********



「勇猛なるアラグ帝国兵士諸君!死にものぐるいで訓練しなさい!」
というようなことを、訓練システムなる機械がしゃべっていました。


繁栄を極めたアラグ帝国時代は、物質的には豊かだったというじゃありませんか。

そんな当時の兵士にとってのお宝って、どんなものだったのでしょうね。



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年3月14日

SS加工のおしゃべり会「CCB」

ララフェルはね。

そこいらにいるよ。



********



写真いじりをして遊んでいる私にとって、おもしろそうなイベントの匂いをかぎつけました!










じゃじゃん!


「クリエイターズコミュニティ・ビアバッシュ(CCB)」

何かをクリエイトしている冒険者たちで集まっておしゃべりする会だそうです。

上級者も初心者も隔てなく形式張らず、勉強会や授業ではなく、おしゃべりがメイン。

座談会と考えても良さそうです。

いやー、イイですね!

ビアってところがまたイイ!


主催は うさぎさん と ちょこらてさん



毎回えらんだテーマに沿ったおしゃべりをする定例会スタイルですね。


初回となる今回は、写真を撮って雰囲気を変える「スクリーンショット(SS)加工」を楽しんでいる人たちをターゲットにしています。

テーマは「SS加工の陰影の付け方」


なるほど、陰影を上手に表現すると立体感や奥行きがでて、写真がより生き生きとします。

(いつも素敵な写真を生み出すなあ)と遠くから眺めているだけだったあの人が来るかも!

これは聞き逃せませんよ!



****だいじメモ****

→ イベント詳細のページ ←

3月18日(土) 23時~25時 [JP時間]
Ridill ワールド (※)
ミストヴィレッジ 9-34
STAR LOUNGE


おや? この名前・・・バーかな?




(※ スムーズな到着のため事前にキャラ作成しておきましょう)

(※ これでまた世にリムサっ子が増えるね!)






初心者が質問しやすい雰囲気をみんなでつくりましょうというのがこの会のお約束だそうです。

そりゃ、知らない時期は誰にでもあるからね。

「なかなか上達しなくて…」とか「興味はあるけど何から手を着けたら良いのやら…」という方も気軽に参加できそうです。



もちろん、「勉強させてもらうぞ」と気負うばかりでなく、「ネットでよく見かけるあの人と話してみたい」というような動機で参加するのも良いでしょう。



え?

誰が参加するか知りたい?

じゃあ、ツイッターのハッシュタグ「#CCBFF14」をチェックしましょう!



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年3月9日

ぐるぐる回る考え




プリンセスデーのお祭りで、町の飾り付けにあったこちらのタペストリー。

牛車・・・?



********



エオルゼアで、移動用や貨物用の機械類に「車輪」が使われているのは、けっこう珍しい気がします。

どうでしょう、見覚えありますか?







キキルン族のキャンプ、通称「ネズミの巣」に置かれている、アマジナ社の貨車。
********

ヒトの作ったものでは、カッパーベル銅山内のトロッコや、アマジナ鉱山鉄道くらいかな?

ちゃんと走っているのは見たことないような。






第七霊災後でどの国も舗装路を作るほどは余裕がないせいか。

車輪は、チョコボキャリッジや飛空艇を浮かせている気嚢よりずっとコストがかかるのか。






ガレマール帝国製のマシンは脚タイプか飛行タイプばかりだし、ゴブリン族は戦車にキャタピラを装備していたし・・・


理由は定かではありませんが、現代のエオルゼア社会において、どうも車輪という機構は利用頻度が高くありません。


水車はあるのにねえ。



********



とあれこれ思い出していると、(そういえばコボルド族の掘削機は車輪式だったぞ)と気づきました。

車輪を使っているところがあるじゃないか!

種族や地域によって、得意な技術力や産出される資源のちがいが影響している?





プリンセスデーの起源はおよそ300年前のソーン朝ウルダハ時代。

この頃には牛車があったのかな?

当時の産業はどんなだったのだろう。

社会制度は? 蛮族との関わりは?



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動