2017年8月14日

ひとさまの力でメッセージを届けよう【緊急】



楽しかった思い出。


********


来たる9月2日!

「4周年記念14時間生放送」が行われます!




ワー!おめでとー!



2周年、3周年のときと同じように、今回も選り抜きのオモシロ冒険者を生放送スタジオにご招待して楽しんでもらう予定だそうです。

ツイッターやブログに、「招待された!」などと喜びの声がチラホラ目に付くようになりました。


はずかしながら私も、前回、前々回とご招待いただいて、おもいきり楽しませていただいたのでした。



さて。

今回招待された中の一人、実況動画「死んだらハゲルガファンタジーXIV」でおなじみの焼酎うめぇさんが、
「フォトブックお渡し企画 “エオトーーク!”」なる企画を立ち上げたので、紹介します。



「せっかく開発・運営スタッフと直接お会いできる機会なので、皆さんから「FF14のココがいい!ココが好きだ!」を募集し、フォトブックにしてお渡しする企画」

すなわち、企画に沿ってみんなが応募した情報をもとに、写真とメッセージが見開きページになったフォトブックを制作。

それを開発・運営スタッフにお届けします! ということです。



(見開きページのサンプル)
********

すでに応募多数で、分冊になりそうというウワサも出ていながらもまだまだ受付中。


くわしくは焼酎うめぇさんのブログ記事を見ていただくとして、だいじなのは締切が8月15日くらいだということ

(追記:8月18日まで延長されました!)

伝えたい気持ちがある人はいそいでアクセスしてみてください!



※機械相手ではなく人へプレゼントされるメッセージです。言葉は選びましょう。

*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年8月11日

紅蓮の紅蓮祭へ突入!

ウチらさあ、マジでイケてんじゃね?

イケイケてるてるぅ~! ウェ、ウェ、ウェ~イッ!

きゃはは、なに言ってんの~!



********



紅蓮祭の季節がやってきました!!!

コスタ・デル・ソルへ行かねば!!!!!!



2017年8月7日

にっきっき 23 ノンラー生活の始まり

ノンラー、すげ笠、すてきな帽子



********



反ガレマール帝国闘争をお手伝いする一環で、はるばる東方、ひんがしの国はクガネまで来ています。


いや、行っていました。

行っていながらね。


(あっ、おうちの家具の位置、ちょっと直そうかな・・・)
くらいの思いつきで帰って参りましたよ、ミスト・ヴィレッジへ。


そうだテレポだヒューン!ってなもんです。



ついでに何かおもしろい家具はないかなとマーケットボードを眺めていたはずが、気が散って気が散って、私は帽子のセールを見ていました。




この・・・


この笠は・・・



たとえアラミゴやドマを戦乱の中に捨て置くことになろうとも、私はかぶらねばならぬ!!






たまたま通りがかったお隣のご主人に相談です。

かわいい耳が頭の上に生えているのは見て見ぬふりです。



「マケボにあるノンラーとかいう帽子、私の製作手帳に載ってないんだけど誰が作れるの?」

「匠だけですよ」

「そうかぁ・・・私が作れる日は来るかなぁ・・・」

「匠、目の前に居るじゃないですか」

「悪いけど、私に似合うと思うよ!!!」



というような会話がありまして、作ってくださったのです。

ウヒョー!








どうです、東方の景色にばっちりマッチするステキ帽子でしょう!

編まれた草が、素朴な質感ながら、大柄な模様にも見えます。

染めて良し、濡れたときのツヤも良し。

雨の日でも両手が使えて便利だし、キノコになりたい方にもおすすめ。

大きな笠は、小顔効果も期待できます。


はー、万能。



********
調べたことメモ

ノンラー(Nón lá, 𥶄蘿)は、ベトナムの葉笠

関連商品の「ノン・バイトー」は生地の葉の間に絵や切り紙で景色を描いたもので、光に透かして模様が見えるオシャレな逸品



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年7月31日

アイズ・フォー・イースト



鮮やかな色彩に彩られた町を歩くなら
晴れの日だって
雨の日だって
心は軽い



********



長い長い船旅の末、陸地に立っていても揺れているような感覚で脚がふにゃふにゃに溺れかけた頃。


ようやく!
遙かな東方、ひんがしの国に到着しました!


船からひらり舞い降りた場所は、鎖国政策をとっているこの国の中で、外国との窓口として唯一開かれた港町、クガネです。

リムサ・ロミンサとはまた違うさらさらと降る小粒の雨は、まとわりつくような湿り気を含んだ潮風のおかげか、あまり寒くありません。


目を奪われたのは珊瑚礁の中を泳ぐような色彩の嵐ですよ。

白! 緑! 赤! 金に黒!

でかでかと描かれたいろんな模様!

ヒョエー!
目まぐるしい!