2017年6月20日

焼け野原インタビュー

やけのはら
やけのはら

あたりいちめん
やけのはら



********



風光明媚なラノシア地方にそぐわない、荒れ地を見つけました。

といっても、さほどアクセスしにくい場所というわけでもない、西ラノシアはエールポートのすぐ近くです。





西ラノシアといえば黄色く褪せた草原のイメージですよね。

そんな中に、黒い地面が露出して草がまばらに生えているだけの、とりわけ枯れた風情の場所があったのです。







立っている木を見てみると、どうも樹皮が焦げています。






おや、折れた木の枝が落ちていました。

この木はあんまり焦げていないけど・・・





あー、この木からへし折れたんだね。

折れた辺りも焼け焦げた痕があります。



********



うーん、なぜこの土地は焼けているのか・・・

火災?

戦火?

第七霊災の影響・・・は、もう5年も前だし、さすがに違うかなあ。






近くに住む人たちに聞いてみましょう。


こんにちはー。

あの、このあたりの景色は一体どうして・・・






あっ

あっ








バーンッ!



********



ざんねん・・・教えてもらえませんでした。


幸い、このあたりにいるゴブリン族は火と火薬を使えるということがわかりました。

爆破試験でもしたのか、焼き畑農業でもしているのか、
いずれにしろ、この焼け野原をつくることができそうです。



あるいは、あるいは、ですよ。


もう少し西に歩くとサハギン族がいるでしょ。

サハギン族とリムサの民との戦闘の影響かもしれません。

リムサ側には火薬技術があるからね。


国破山河在(くにやぶれてさんがあり)
城春草木深(しろはるにしてそうもくふかし)


この荒れ地もいつの日か、濃い緑に覆われるのかな。



****★****★****★****
『紅蓮のリベレーター』開始前から現時点まで、ネット不調のため冒険者生活をできておりません。

ブログの更新が少なくなっているのはそのためです。

しかし!

(もう少し、もう少ししたら再開できるから!)
(そしたらドマだ!クガネだ!あとどこだ!)
(がんばれ私!)
などと、自ら励ましつつ生きております。

そんなわけで、ネタばれのような想像まみれのようなおさんぽブログは、東方地域へと足を延ばしてまだまだ続きます。

これからもどうぞ気ままにお付き合いくださいませ。


*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね

2017年6月10日

ゲイボルグよ、蒼天を衝き、紅蓮の炎と成せ

英雄、語りき

「地を蹴り、天を仰げ」

「脚はまだまだ長くなる」



********



うそですー、ブッブー。

写真の撮りようで脚が長く見えているだけでしたー。

ララフェルに希望はありませんー。





クルザス西部高地。

ファルコンネストからほど近いところにそびえ立つ、建国の英雄、ハルドラスの像です。


神話に片足をつっこむくらいイシュガルドにとって大事な人物ですが、
今日の私にとっては特にこれというきっかけも用事もありません。

ただ、どんなお姿だったかな、と思い立っただけです。


ぶらぶらりとやってきました。



すごいね、これ。


この大きさの石像ですって。






初代、蒼の竜騎士ということで、竜騎士らしい甲胄と槍を身につけておられます。

うねりのある角、うろこ状の胴など、全体にチクチクしています。




初代って、1000年くらい前だったっけ。


竜騎士の甲胄の基本的なデザインは現在までほとんど変わっていないんだね。








お顔に近づいてみましょう。


あっ、あっ、顔が、見えそう!


鼻から口元にかけてが露出していました。

意志の強そうな表情です。



のぞきこめば目も見えるかな?









ふう。

足元に下りてきました。


マントの中からお尻を見上げています。

しつれいしつれい。



ブーツ型の脚装甲のかかとには、ギザギザの拍車が付いていました。


竜騎士は、「竜に乗る騎士」じゃなくて、「竜を狩る騎士」だったような気がします。


だからこの拍車は、騎乗したチョコボに合図を送るためかな?



ホラたしか、イシュガルドは乗用チョコボの名産地だったでしょ。









それと、私が気になったのが、この左脚ですよ。


なぜか、ちょっとだけかかとを浮かせているのです。



何?

そのかっこうが落ち着くの?

つらくない?



********
調べたことメモ

拍車(はくしゃ)

馬術において人が足で行う馬への合図を、より伝わりやすくする器具。
英語ではSpur スパー → 召喚士がエギを一時強化する技の名前にもなっている。

*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年5月29日

にっきっき 22 骨格標本のある庭

で、でで、でたァ~!



********



うーむ、ド迫力ですねー。



長いこと、お庭をほったらかしにしてきたので、一念発起してガラリと雰囲気を変えてみようと思いつきました。


それで挑戦したのが、こちらも気になっていながらイロモノと思ってつい手を出しそびれていた、古代獣の標本シリーズ。

・古代獣の頭骨標本
・古代獣の骨格標本
・古代獣の尾骨標本
の3点です。


ディアデム諸島に落ちていた化石で作った、古代獣ティラノサウルスの標本です。


自分で作ろうと思う?

そもそも見たことある?





いかがでしょうか!


鋭い牙!

攻撃に特化するあまり重くなりすぎた頭!

不必要だったのか矮小化した上肢!



こんなにもトガった生き物がかつていたのか!


難しいことを考える必要はありません。

一目見れば誰にでも伝わるかっこよさ! そして迫力!


良い!








まあどうしたって、骨格標本が庭にあるというのは、イロモノといえばイロモノです。

それでもなるべく庭の中で浮いてしまわないよう、周囲を整えてみました。



わっせわっせ。

木を運べー!

石を並べろー!



ティラノサウルスは、片足を池の中にズシンと踏み込んだようにしてみましょう。

三つの部分に分かれる標本なので、まっすぐではなく身をくねらせたように置いて、活き活きとした姿を表現。

くねくねさせているだけでも楽しい・・・



さらに、ラノシア地方では珍しいタイプの木々をあれこれかき集めて、鬱蒼とした森をイメージして配置します。

蛮族が作った調度品で、木?にランプ?をくくりつけたものも雰囲気作りに一役買いました。

こうして、木々の隙間からご近所の風景が見えてしまわないように、密度を高めてあります。




密林に現れたティラノサウルス。

ふふふふふふと不気味な笑いがこぼれます。







夜になると、意外にも暖かみのある風景になりました。

夕涼み、標本を眺めながらお茶を飲んだり。




********


おともだちから、「みよよ界に何が起きた…」「うむ、まあ、楽しんで」などと、暖かな声もいただけて満足でございます。




*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年5月15日

紋章への期待


ヒトは誇る

力を誇る



********



冒険者を始めてあちこちの頼まれごとに日々忙しくしているうちに、あれよあれよと祭り上げられてしまった結果、
「エオルゼアにこの人在り」という、『武力』として見なされるようになってきました。

暁の血盟も、各国政府も、よくもまあ一介のおさんぽ士にホイホイ頼れるものです。

第七霊災の後遺症で、どこも人材不足なのでしょうか。



私はこういうマーク(紋章)を眺めたり風向きを読んだりしているだけなのに。






イシュガルドの街に入ったのはいつの頃だったでしょうか。

あの頃の私は、イシュガルドにとって「招かれざる客」でしたね。


イシュガルドとドラゴン族との戦い、いわゆる「竜詩戦争」のことも、「長年続いてきた」という程度の知識しかありませんでした。



四大貴族の紋章を組み合わせた国旗から、貴族社会・武家社会を感じ、虐げられる庶民との軋轢を感じました。

貴族や騎士、教皇庁といった勢力の渦巻くイシュガルドでは、誰かと会うたびにその身体を飾る紋章を確認して
(うむうむ、この人はこの家の立場で話しているんだな)などと考えさせられたものです。



庶民や、暗黒騎士となった騎士のように、紋章を持たない人々にも会いました。

そういう人々は、この国旗をどんな気持ちで見ているのでしょう。






最近顔見知りになったばかりの、・・・ええと、何さんだっけ?

豪快な話し方のおじさんと知り合いました。












このおじさんの帽子や服には、見慣れないマークが描かれていました。

先日発表された三大陸図で、ドマの側に描かれていたマークです。

ドマで権力を象徴する紋章のようです。



あっ、ゴウセツさんだった。







********






ゴウセツさんと顔馴染みらしい、ユウギリさん。

ユウギリさんの服にも同じマークが見られました。


同じ勢力に所属しているのかな。






ゴウセツさんの武器にはまた別のマークを見つけました。






四角い枠の中に、細い線でしゃきしゃきと・・・

文字を思わせるマークです。


これもまた勢力のマークか、それとも武器職人のマークかも?



ふうむ。

この先、いろんな出会いがありそうです。



*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね