2018年11月5日

越境者はついに

思えば遠くへ来たもんだ・・・



********



あれっ!?と驚き、感慨深くしみじみするような、ちょっとした発見がありました。






それは、東州オサード大陸の西端、ザ・バーンと呼ばれる平原にやってきたときのこと。


ここに来たことのある他の冒険者から、「真っ白くてなめらかな砂の地面で影遊びができるよ」と聞きました。


ほほうと楽しみに思いながら、ザ・バーンに到着した私。

なるほど、真っ白で、だだっ広くて、のっぺり。



それでは影が見やすい場所を探しましょう。





影遊びをするなら、影は自分から遠くに見えるようなところが良いんじゃないかな?

真っ白な壁か、どこか適当な段差はないかな?



ああ、地図を見て探そう。



むっ?

むむむっ!?



影を目の前に見ようとすると・・・身体が南東を向いてしまう・・・





太陽が北西の空にあり、影が南東に落ちている!!


この瞬間、私の脳裏にひらめきが!



まさか!
まさか、ここは、南半球!?





慌てて手持ちの三大州全図を引っ張り出しました。

右の方の、水色で囲ったところが、ザ・バーンです。

ここは、南半球だった!?


でも、でも、エオルゼア全域も、ヤンサも、クガネも、南の空に太陽が昇るから、北半球だったぞ!?





これまで歩いたところは、その全てが北半球でした。

ザ・バーンだけが南半球に属しているとして、赤道を描いてみると、このように山なりに歪んだ線になってしまいます。
(赤道: 太陽が真上を通る土地を、地図上で描いた線)




山なりだった赤道を、真っ直ぐな線に描き直すには、地図を歪ませなければなりません。

というわけで、この三大州全図、方位についてはあまり正確ではないらしいと思うようになりました。


冒険家一族のアイアンハートさんたちの苦労の結晶の地図だけど、しかたないよね。

西州アルデナード小大陸(エオルゼア諸国)と東州オサード大陸のあいだに、容易に立ち入れないガレマール帝国があるんだもの。

そりゃ、東西の地図をつなげるのは難しいよ。





********



そうかあ・・・



長い旅は、ついに南半球に到達したのかあ・・・と、ぼんやりと感慨にふけるおさんぽでした。



********
実線と点線の間にあるのはサベネア島です。
サベネア島が北半球か南半球かが判る情報は見当たらなかったのでどちらでもいいように線を2本引きました。
********






*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


2018年9月19日

ジャンピン・アスレチック、ガスガスガス!

気合いを入れて・・・


息を整えて・・・



********



あれやこれやの大騒ぎが始まりました。

何とは言いませんが、目新しい冒険の匂いが、あちこちから漂ってきたのです。



そんな浮かれる空気を象徴するかのように、ゴールドソーサーに新たなアトラクションが入ったという噂を耳にしました。

んむ。

さっそく。



********

2018年9月1日

第七霊災を歴史書でなぞる

あの星を食い止めなければ。



********



新生祭で、ウルダハの経済誌「ミスリルアイ」の、デュラル・ザラルさんという記者と出会いました。

現代の冒険者の視点で、第七霊災のできごとをどう思うか、意見を聞きたいということでした。

「なんだか恐ろしいことがあったと聞いたよ。まあ冒険者がいれば大丈夫だよ!」

そう気軽に答えてはみたものの、私の気持ちはフワフワして落ち着きませんでした。


一方、当時を知る冒険者たちは、第七霊災前後のようすを恐ろしげに話しては、どこか寂しげな、それでいて微笑むような、不思議な表情を見せます。



どういうことだろう・・・



そうか、私は第七霊災のことをぼんやりとしか知らないのか・・・



せっかくこんな気持ちになったので、少しでも当時の様子を知るために、歴史書をひもといてみることにしましょう。

できることなら、当時の人々の気持ちを感じてみたいものです。




********




以下の文は、「Encyclopedia Eorzea」に書かれた、第六星歴末期から第七霊災にかけての歴史の概要です。

なるべく冷静に、戦史としてまとめてみました。

地理と戦況が結びつきやすいように、かんたんな地図をまじえてご紹介します。



(注:この記事はとても長いです。紅蓮篇までのネタばれを含みます)

********


2018年8月6日

麗しのアメノミハシラ、下層

夜の波路を 走る島船
帆のない柱に 人の風吹け



********



珍しい相手からお仕事の依頼がありました。


どこの国にも属さず、紅玉海を牛耳る海賊衆。
その頭目である、ラショウさんです。


ラショウさんによれば、海賊衆の集落近くに出現した穴が、オノコロ島にそびえる謎の巨塔の内部につながっていることが判明しました。

彼らが試しに入ってみると、そこは奇妙な力で制御された迷宮になっていて、魔物がうろついていたとか。

そういうわけで、力のある冒険者に、アメノミハシラという巨大な建造物に突入してほしいというのがその依頼内容でした。




彼らの表情を見ると、この依頼には裏がある気がするけれど、おだてられるのは気分がよろしい。

まっ、任せなさい。