2017年10月20日

イヴァリース伝説、現在までのまとめ


美しきオアシスの廃都で、謎とロマンにあふれた地底探険へ出発!!



********


クガネをおさんぽしていたら、記者を名乗る怪しい人物に声をかけられました。
その記者に、父親の行方を追ってほしいという女の子を紹介されて、「でも、ここじゃちょっと話せない。詳しくはあっちで・・・」と言われて案内されたのは、ゴージャスな巨大飛空艇!


あれよあれよと話に釣り込まれていくうちに、いつの間にやら、おとぎ話の舞台を駆ける壮大な冒険に・・・




と、まあ、前ふりはさておき。


イヴァリース伝説を追い求める家族と、砂漠の廃都ラバナスタに眠る歴史について、いろいろ話を聞いた結果、頭の中が混乱していませんか?

私は混乱しましたよ。
顔も知らない人物、行ったこともない土地の名前をたくさん聞かされて、混乱しないはずがありません。


なので、まとめて整理してみよう!と思いつきました。

気が向いた方は、どうぞ見ていってくださいませ。


********
文章には、その正確さが判別しやすいように、色分けをしておきます。
フゥー、手堅い!



黒い字は、現時点で確定的な歴史的事実

オレンジ色の字は、おとぎ話として広く伝わっているイヴァリース伝説

青い字は、デュライ白書を解読して判った、「失われた伝承」



********
(注意:以下、ネタばれを含み、とても長く、想像も混ざっています)
********



2017年10月16日

ポーキーヘッドはアジムステップの香り

ゴゴゴゴゴゴ・・・










あぁ、ハイ、そうですね・・・私の琴線には触れなかっただけで、流行かもしれませんね・・・


・・・ん? 追手?





2017年10月12日

オコンビ! トークイベントにご招待いただきました!


オコンビ!
オ コ ン ビ!!


嬉しいことがありました!


人気ブログ「FF14 ほうせき箱」ジェミーさん
さまざまなイベントを企画しているジェミーさんから、お声かけをいただきました!


何に?

それは・・・






左から、らくすさん(ジェミ子の部屋スタッフ)、ジェミーさん、みよよ
********

ジェミ「ジェミ子の部屋に出演しませんか?」

みよよ「でます」


即答です。


でます!!!!!






「ちょっとまって! 置いて行かれてる! ジェミ子の部屋って何なのさ!?」

おっと、ご存じない方もいますね。説明しましょう。


「ジェミ子の部屋」は、ジェミーさんたちのチームで主催するトークイベントです。


毎回ゲストに招かれるのは有名冒険者ばかり。

彼らはジェミーさんから渡される1000面ダイス(サイコロ)を振って、出た目に合わせた話題でぶっつけ本番トークをするのです。


ジェミーさんのトークスキル、ゲストの豊かな個性、BGMや会場設営など会場を盛り上げる演出など、見どころは満載。

それがなんと通算40回を超えるロングランとなっているとか!

そりゃ人気もあるってものですよ。


私もときどき観客としておじゃましては、「エェなぁ、エェなぁ。いつかオラも出てみてぇなあ」と思いを募らせていたのでした。

「もし出ることができたら、こんなトークをしよう、いやこういう話をしよう」などと想像まで膨らませて。


そんな私がついに!

ジェミーさんたちの目に留まることができて嬉しいかぎりなのです!



********


この記事を見て興味が出ました??

ぜひぜひ! おいでください!




その前に!! 気をつけてください!!

私の出演する回はもう少し先です!

まずは次回!

大規模イベントの企画者としておなじみのみいなさんがゲストの回があります!


第43回
10月15日(日) 22時
Masamuneワールド
ラベンダーベッド7区 ヤイヌ・パーの円庭

こちらもお見逃しなく!




そして、私(みよよ)の出演予定は以下の通り。

第44回
10月21日(土) 22時
Alexanderワールド
ラベンダーベッド10区28番地


来てね!!!





*******************
ブログランキングに参加中
  ↓ ぽちっと応援してね


プラチナリボン運動

2017年10月6日

夜の森の昼と夜

巨木の命はだれのもの。



********



ギラバニア地方、辺境地帯にある夜の森。

濃霧に包まれていて、昼間に訪れたのにその名の通り薄暗い森でした。


ここでとある大木に目が留まりました。


んー、りっぱです。



近隣住民からは、大精霊の宿る木、賢者の木だと教わってきたのですが、私はにぶいようで、精霊の気配を感じ取ることはできませんでした。

帝国の統治下で森の管理がほったらかしだったとかで、愛想を尽かして出て行った?

それとも私がにぶいだけ?


辺りの情勢がもう少し落ち着いたら、幻術士ギルドの調査が入るんじゃないかな。